▶▶▶ ネットワーク構築 ◀◀◀

  1. TOP
  2. ネットワーク構築


インターネットVPNを使用した複数拠点を結ぶシステム

開発事例 

大阪本社、東京支社、福岡支社のように遠く離れた拠点が複数ある場合、インターネットVPNで1つのLANのようにつなぎ、各拠点での注文情報を1つのサーバーで管理し、共有できるシステムをSQL Server等(データベース)を利用して作成することができます。

この場合、大阪で受注した注文も、東京で受注した注文も、福岡で受注した注文も同じ1つのデータベースで管理されていますので、全拠点トータルの注文一覧を作成したり、金額の集計を行うなども簡単です。

VPN

VPNで複数拠点を結ぶシステムの利点 

Merit 1
複数の拠点間を専用のトンネルでつなぐ様なのものなので、
大阪⇔東京のように遠く離れていても、
1つの同じLANで接続しているのと同じように運用できる。
Merit 2
遠く離れていても1つのサーバーでデータを共有できる。
例:大阪、東京、福岡それぞれで受けた注文を1つのサーバで管理するので、集計などを行うのも簡単
Merit 3
インターネットを使用しているので、専用回線を使用するよりも
低コストで運用することができる。
Merit 4
専用のトンネルでつないでいるようなものなので、成りすましなどによる不正アクセスを防ぎ、のぞき見、データの改ざん、転用等を狙う悪意あるユーザーを遮断するとができる。

Webシステムを見るのはこちら 業務システムを見るのはこちら Excel(VBA)使用システムを見るのはこちら