▶▶▶ Excel (VBA)使用システム ◀◀◀

  1. TOP
  2. 業務システム開発
  3. Excel (VBA)使用システム


Excel(VBA)を使用してシステムを作成する利点

定型業務の自動化で作業効率UP 

日次、月次で作成するレポートの作成等の定型業務を、毎回時間をかけて作業するのは
非常に効率の悪いことです。 しかし、Excelでシステムを作成すれば、ボタンを1つ押すだけで
手間がかかる定型業務を自動実行することができます。

実行速度が速い
  手作業では手間と時間が非常にかかるものでも、ExcelのVBAで作成されたシステムは実行速度が速い。
間違わない
  人間はどんなに注意して作業していても間違えることがありますが、ExcelのVBAで作成されたシステムは
  間違えません。
入力時のデータチェックにより情報入力の定型化が可能
  必須チェックやデータの形式チェックなど、各種データチェックを行うことができるので、データが定型化され、
  データの流用がしやすくなる。
集計表や帳票など出力の定型化も可能
複数ファイルも一括処理も可能
  日付ごと、部課ごとなど同形式の複数ファイルの一括処理も可能です。

低コスト・短納期 

・現行フォーム(データ)をもとに作成できる。
・Excelには300個以上(Excel2010だと400個以上)の組み込み関数が用意されているので、容易に開発できる。
・ExcelさえあればOK。オフィスのほとんどのパソコンにExcelはインストールされているので、
他のライセンス料不要。
・パソコン1台でも動くので、システム導入に当たりサーバ等の特別な設備は不要。

Webシステムを見るのはこちら 業務システムを見るのはこちら Access・SQL Server・Oracle等データベースシステムを見るのはこちら


Excel(VBA)開発事例